響 HIBIKI ”ブレンダーズ・チョイス”

  • 2018.09.08 Saturday
  • 02:14

Suntory Whisky HIBIKI "Blender's Coice"

Official Bottling

43% abv.

17年の休売を受け、9/4に発売された新しい"響"です。

お好きな方のために。あたりまえの価格で。

 

For the people who love this kind of stuff, definitely for reasonable price.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ハイランドパーク17年 ”ザ・ライト”

  • 2018.08.23 Thursday
  • 02:14

HIGHLAND PARK 17yo ”THE LIGHT”

Official Bottoling

52.9% abv.

到着しました。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

グレンロッシー20年(キングスバリー ゴールド)

  • 2018.08.16 Thursday
  • 02:14

GLENLOSSIE 20yo(1997)
Kingsbury “Gold”(Cask Strength)
bourbon hogshead, 55.1% abv.

どうでもいい話で、妹の"マノックモア"と合わせて、現在(個人的に)好きな蒸溜所14位という上位をひた走る、北スペイサイド・スタイルを象徴する佳酒 "グレンロッシー"。繊細で可憐、花の蜜のようなエステリーな芳香と、凛とした麦の甘さ。樽に頼らずとも、しっかりとした美味しさを感じさせる、その淡い透明感は、出会いの度にいつも胸をときめかせる存在です。


"キングスバリー"のカスクストレングス(通称 ゴールド)としてリリースされた、20年という頃合いの熟成を経たこのロッシー。ホグスヘッドにしてやや早熟の成長を見せ、充実した大人の年代へと、まさに扉を開いたところにある状態。冗長を避け、深くは触れませんが、色々な意味で飲み頃のボトリングと言えるのではないでしょうか。


知名度を含めて、やや地味な存在ではありますが、間違いなくこの数年のうちに、シーンの前衛に躍り出る蒸溜所だと思います。汚れたオジさん達に、身も心も蹂躙されることが無いことを心から祈ります。(…俺か?w)

 

※補記

開封1週間後、テイスティングノート。
溶剤系エステルの膜で曇った、メランコリーな甘いニュアンスや、少し棘のあるアルコール感が去ると、暖かい初夏の情景が目の前に広がり始める。まだ可憐さを失わない、品のある豊かな麦の膨らみ。明るいトーン。バニラやたっぷりの蜂蜜。ビスケット、シダー、シナモン、グレープフルーツ。口に含むと、辛さのあるチリスパイスの内に、アロマホップ様の香りや苦みが明瞭に現れる。ホグスヘッドにして樽感も備えるが、特筆すべきは飲み飽きのない全体のバランス。小川のたもと、草叢にのぞいた切り株に腰を下ろし、目前の川面に輝く五月の陽光を見つめる。惜春の別れの日に、友と酌み交わした酒の味を思い出すノスタルジー。ゆっくりとした時間が流れる。

 

 

Single cask bottling from a lovely distillery which symbolized nice character of Northern Speyside. Smells like ester floral honey, ringing barley sweetness in the mouth, and bright sounds.. These are main features of Glenlossie. Plus, As for this bottle, I guess you could find some aromatic flavors like grapefruit peel, derived from beer hops, for instance.

 

With 20years maturation, It had gotten a certain richness for a hogshead, but still delicate, and hasn’t lost their charming figure. It makes me feel like sitting on a stump by the rural brook that is reflecting the sunlight early in May.


Bottled by Kingsbury, I’m sure they are also one of the finest independent bottler who’ve kept giving us lots of memorable items.
 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

グレンロセス20年&ベンリネス20年(ケイデンヘッド スモールバッチ)

  • 2018.06.03 Sunday
  • 02:14

Cadenhead "Small Batch"

・GLENROTHES 20yo(1997)

sherry butt×3, 56.2% abv.

・BENRINNES 20yo(1997)

bourbonn barrel×3, 54.0% abv.

ケイデンヘッドの主力アイテム、スモールバッチの最新リリースから2本を紹介です。ともに、スペイサイドから'97のビンテージ。20年という頃合いの熟成を経たカスクを、それぞれ3樽バッティングさせてあり、バーボンバレルとシェリーバットという対照的なボトリング。この写真では伝わらないと思いますが、どちらも魅力的ないい色をしています。


"グレンロセス"は、蒸溜所の風変わりな特有の個性が、程よくシェリー樽のニュアンスにマスキングされた、いい意味でジューシィな味わい。ストレスを感じることなく濃厚かつシルキーな表情が楽しめます。"ベンリネス"は、生来の硬派で骨太の味わいにバレルの華やぎを纏わせる、ある意味でキャッチーなボトル。近年評判の高まるベンリネスのなかでも、今のところ個人的には、このボトルにベストアワードを贈りたい素晴らしい仕上がりでした。


しかも、嬉しいかな、価格が非常にリーズナブル。いや、それ以上の満足感を約束できる、我々にとっても自信を持ってお客さんにお勧めできるウイスキーです。ありがとう!マーク・ワット。あなたの仕事を可能な限りフォローし続けます!

 


Two of the latest arrivals from Cadenhead’s Small Batch. They are both quite nice:


Rothes 20yo(1997) is moderately sherry-matured. I think we can often find a sort of strange and funny texture in this distillery’s style, but this bottling doesn’t really show their singularity in it. So juicy and catchy in a good way.


Benrinnes 20yo(1997) is three bourbon-barrels vatted. and, I have to say this is the best Benrinnes out of which I’ve tried these past a few years. It’s blessed with innate robustness and flashy barrels favor.


I’m always impressed by their choice and sense of blending. Needless to say, The price is reasonable. Thanks Cadenhead.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

シングルカスク・エクスクルージヴ(ザ・クリエイティブウイスキーカンパニー)

  • 2018.05.14 Monday
  • 02:14

Single Cask Exclusives

The Creative Whisky Co Ltd.

50%

見目麗しきポップなデザインのウイスキーたちが入荷しています。スコットランドの各地域から選んだシングルモルトを、蒸留所名を非公開でボトリング。選ばれた原酒は10年前後の熟成を経たシングルカスクで、50%に加水調整してあり、価格が高騰する昨今においては、とても手ごろなお値段で楽しんでいただけるラインナップだと思います。

 

ウイスキー初心者の方は、各地域の特性を感じながら、気軽に雰囲気を味わえるアイテムだと思いますし、中級者以上、マニアの方は培った経験と己の舌を試す絶好の機会ですw。ぜひブラインドテイスティングをお試しください。ボトルにはリリースNo.とともに、リファレンス記号が入っていて、輸入元からは公表はされないようですが、これをもとに中身がどこの蒸留所のものか辿ることができるようになっています。(ここでは今のところ公開しません。問われれば個人的にお伝えします。)

 

これまでも、ボトラーズブランドから、こういった企画はたびたび用意されてきましたが、それが蒸留所のハウススタイルに忠実な場合も、変化球を楽しむ原酒の選択をしている場合でも、ブラインドテイスティングが面白いのは、自分のウイスキーに対する指向性や認識を改めて理解することができるところ。(素直になってみるのがまず大事ですが…)

お酒は思い入れや雰囲気で味わうことも大切ですから、絶対そうだとは言いませんが、特に自分の主観で味わい、表現しがちなウイスキーの飲み手にとって、当たった外れたではなく、先入観によらず、客観的にお酒と向き合ってみる良い機会だといえるでしょう。(私自身の話ですw)

 

発売元は、スコットランドのダンフリーズ近郊のソーンヒルの町に拠点を構えるザ・クリエイティブ・ウイスキーカンパニー。日本への到着は今回が初めてですが、定期的にあるリリースだと思われますので、次回の新作リリース以降は、順次補充していけたらと考えています。

 

Left to right, Lowland AB003, Speyside GA005, Highland DS003, Peated Highland RM013, Orkney CM001, and Islay MS009.

The alphabet stands for reference of each distilleries, and I guess the Number means their cask which had been released or stocked in line. 
We’d figured out the name of distilleries, but never found out some of their meanings what the alphabet showed us so far.

Have you tried this CWC selection? and Does anyone know what the alphabet means? I’d like to know especially about RM, CM, MS. / Anyway, Worth tring. The Blind tasting gives us so much discoveries every time.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

グレンモーレンジ ”スピオス”

  • 2018.04.01 Sunday
  • 02:14

GLENMORANGIE Private Edition 9th "SPIOS"

Offial Bottoling

46% abv.

到着してます。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ハイランドパーク17年 ”ザ・ダーク”

  • 2018.03.15 Thursday
  • 02:14

HIGHLAND PARK 17yo ”THE DARK”

Offial Bottoling

52.9% abv.

到着しました。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

スカラブレイ17年(ザ・クーパーズチョイス)

  • 2017.12.06 Wednesday
  • 02:14

SKARA BRAE 17yo(1999)
The Cooper's Choice
51.0%

スカラブレイ??そんな蒸留所は聞いたことねーよ。

 

…そうですよね。いわゆる蒸留所名が非公開のシングルモルトです。そしてスカラブレイはその正体を示す道標。グラスゴーのボトラーズ ”ザ・クーパーズチョイス(ザ・ヴィンテージ・モルト・ウイスキー社)” がリリースしたボトルで、加水タイプが主流の同シリーズには珍しく、おそらくカスクストレングスで瓶詰されています。

 

スカラブレイとは、凡そ5000年前に遡る、スコットランドの北端の島"オークニー"に残る新石器時代の集落遺構。数千年のあいだ大地に埋もれていた遺跡が、約170年前のある日、冬の大嵐によって、突然その輪郭を露わにしたといいます。古い貝塚の下に築かれた住居群は、地下シェルターの形状を備え、厳しいオークニーの冬を凌ぐための古代人の知恵に満ちみちて崇高です。1999年にはユネスコの世界文化遺産にも登録されています。もしやヴィンテージ"1999"はそれに対するオマージュでしょうか。

 

シークレット・オークニーと銘打っていますが、そもそも島には2つしか蒸留所がない^^; うち一方は、当該期間において生産中止状態(試験的に蒸留はされていたとは聞きます)。非公表にする”大人の事情”も含め、色々考えさせてくれる、なんだか味のあるボトルですよねぇ…

 

※補記

開封時のテイスティングノート。

蜂蜜、スモーク、林檎パイのトップ。口に含むと、麦、バニラ、スパイス、ミネラル、それらを下支えする程よい燻香が、バランスよく混ざりあう。アタックは柔らかいが、じわりと燻るように余韻が伸びる。グレープフルーツにスパイス、塩気を帯びたソーヴィニヨンブランの余韻。時間を掛けて、ドライパイナップルの表情が現れる。80年代後期以降から見られる、現代的な、あの蒸留所によく見られるバーボンカスクの好例。トップに未熟なニュアンスが少し漂うが、時間の経過とともに消えていくと思われる。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

アードベッグ ”アン・オー”

  • 2017.10.30 Monday
  • 02:14

Ardbeg ”An Oa”

Official Bottling - http://www.ardbegjapan.com/

46.6%

届きました。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

コンヴァルモア40年(ケイデンヘッド175周年ボトル)

  • 2017.08.20 Sunday
  • 02:14

CONVALMORE 40yo(1977)
Cadenhead's 175th Anniversary
56.8%

175周年を迎えた古参ボトラー"ケイデンヘッド"から、次々と発表される記念ボトル。いよいよ大本命が降臨しました。閉鎖蒸溜所のストックを解放してリリースされる"四天王"(バンフ/コンバルモア/ローズバンク/キャパドニック)。その一角を、清水の舞台から飛び降りる覚悟で入手、そして開封。


この蒸留所についての由来や詳細は多くを語りません。ただそれは愛。ひたすらに愛。…がしかし、個人的な想い入れを差し引いて客観的に評価するにしても、うまいなぁ。飲み終わった後も、半日グラスが洗えない^^;

 

※補記

開封時のテイスティングノート。
蜂蜜トースト、ユーカリ、オレンジ…。数分後、一気に覚醒する、あの美しい香り。ワクシーなフルーツ、高貴な青い林檎、メロン、洋家具の埃、腐葉土、なめし革、かすかなスモーク、これぞコンバルモア!!暖かみのある耽美で複雑な余韻が、心地よいメイラードのニュアンスを伴い、とても長く続く。時間とともに、バニラの香りが濃くなり、バタースコッチ風の衣装をまとい始めるが、その裸身を覆い隠すことなく、ボディラインに張り付くレースのように、妖艶な肌を透かして飾り立てる…。コンバルモアとしてはやや健康的で、血色のよい、小麦色の美女を連想させる”陽”のボトルだが、天与の個性と、大樽による長きにわたる熟成の調和を示す一つの頂点にある傑作。ゆっくりと時間を掛けて楽しみたい。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM