ハイランドパーク ”フルボリューム”

  • 2018.11.01 Thursday
  • 02:14

HIGHLAND PARK "Full Volume"

Official Bottling

1st Fill Bourbon Casks, 47.2%

誤解されがちな、現代におけるバーボンカスクのハイランドパークを、分かりやすく皆が楽しめるように再構築した美味しいボトリング。

 

詳細は後日。価格も良心的だと思います。まずはお試しください。

 

Nice vatted one, combined several bourbon barrels and Hogsheads. You should try it once for now. I'm sure I have to tell the detail later. 

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

トンプソンブラザーズ(ドーノッホキャッスル)新作3本

  • 2018.10.25 Thursday
  • 02:14

Thompson Bros. (Dornoch Castle)

 

・BEN NEVIS 21yo(1996) Refill Sherry Butt, 47.5% 

・ORKNEY 17yo(2000) Refill Hogshead, 56.5%

・GLEN MORAY 10yo(2007) Bourbon Barrel, 55.3%

ドーノッホからニューリリースが到着しています。後日詳細。

 

New Releases from Phil & Simon Thompson Bros.

Just Arrived!!

 

We'll mention about the detail someday later. but, guarantee you that they’re all great, and indeed deserve to be satisfying for true enthusiasts.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ブラックアイル ”ロングタイムIPA”

  • 2018.10.12 Friday
  • 02:14

BLACK ISLE "Long Time IPA"
Inverness, Scotland

6.9% ABV. [malt, hop]

設立20年を迎えたインヴァネスの小規模ブルワリー”ブラックアイル”から、IPAスタイルの限定醸造ビールが届きました。

 

頭文字にCが付く所謂”C系ポップ”から、カスケード、センテニアル、シトラの3種類のアロマホップをすべて使用(一般的には代替可能なフレーバーもあり選択して使うことが多いと聞きます)。フルーツ感あふれるジューシーなIPAです。


しかし、これは暑い時期に飲むとさらに美味しいビールでしょうね。限定ゆえの悲しさがありますが、輸入のタイミングはなんとかならなかったのでしょうか、キムラさん。日本は今から冬に向かいますよ…笑

 

※補記

一本くすねて、テイスティングノート。
濁りのあるオレンジイエロー。IPAとしては泡は穏やか。パッションフルーツ、パイナップルなど、サマーフルーツの甘い華やかな香り。加えて、ホップ由来の鉄分のようなミネラルも感じる。柔らかな麦の味わいを包むフルーツヨーグルト。豊満でジューシーな甘さが口の中いっぱいに広がるが、数秒後には、かなりしっかりとした苦味へと反転する。生真面目なオーガニックブルワリーが醸す、デレツンでポップなIPA。過ぎ去りし夏の名残りに想いを馳せて、美味しくいただきました。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

響 HIBIKI ”ブレンダーズ・チョイス”

  • 2018.09.08 Saturday
  • 02:14

Suntory Whisky HIBIKI "Blender's Coice"

Official Bottling

43% abv.

17年の休売を受け、9/4に発売された新しい"響"です。

お好きな方のために。あたりまえの価格で。

 

For the people who love this kind of stuff, definitely for reasonable price.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ハイランドパーク17年 ”ザ・ライト”

  • 2018.08.23 Thursday
  • 02:14

HIGHLAND PARK 17yo ”THE LIGHT”

Official Bottoling

52.9% abv.

到着しました。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

シングルカスク・エクスクルージヴ(ザ・クリエイティブウイスキーカンパニー)

  • 2018.05.14 Monday
  • 02:14

Single Cask Exclusives

The Creative Whisky Co Ltd.

50% abv.

見目麗しきポップなデザインのウイスキーたちが入荷しています。スコットランドの各地域から選んだシングルモルトを、蒸留所名を非公開でボトリング。選ばれた原酒は10年前後の熟成を経たシングルカスクで、50%に加水調整してあり、価格が高騰する昨今においては、とても手ごろなお値段で楽しんでいただけるラインナップだと思います。

 

ウイスキー初心者の方は、各地域の特性を感じながら、気軽に雰囲気を味わえるアイテムだと思いますし、中級者以上、マニアの方は培った経験と己の舌を試す絶好の機会ですw。ぜひブラインドテイスティングをお試しください。ボトルにはリリースNo.とともに、リファレンス記号が入っていて、輸入元からは公表はされないようですが、これをもとに中身がどこの蒸留所のものか辿ることができるようになっています。(ここでは今のところ公開しません。問われれば個人的にお伝えします。)

 

これまでも、ボトラーズブランドから、こういった企画はたびたび用意されてきましたが、それが蒸留所のハウススタイルに忠実な場合も、変化球を楽しむ原酒の選択をしている場合でも、ブラインドテイスティングが面白いのは、自分のウイスキーに対する指向性や認識を改めて理解することができるところ。(素直になってみるのがまず大事ですが…)

お酒は思い入れや雰囲気で味わうことも大切ですから、絶対そうだとは言いませんが、特に自分の主観で味わい、表現しがちなウイスキーの飲み手にとって、当たった外れたではなく、先入観によらず、客観的にお酒と向き合ってみる良い機会だといえるでしょう。(私自身の話ですw)

 

発売元は、スコットランドのダンフリーズ近郊のソーンヒルの町に拠点を構えるザ・クリエイティブ・ウイスキーカンパニー。日本への到着は今回が初めてですが、定期的にあるリリースだと思われますので、次回の新作リリース以降は、順次補充していけたらと考えています。

 

 

Left to right, Lowland AB003, Speyside GA005, Highland DS003, Peated Highland RM013, Orkney CM001, and Islay MS009.

The alphabet stands for reference of each distilleries, and I guess the Number means their cask which had been released or stocked in line. 
We’d figured out the name of distilleries, but never found out some of their meanings what the alphabet showed us so far.

Have you tried this CWC selection? and Does anyone know what the alphabet means? I’d like to know especially about RM, CM, MS. / Anyway, Worth tring. The Blind tasting gives us so much discoveries every time.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

グレンモーレンジ ”スピオス”

  • 2018.04.01 Sunday
  • 02:14

GLENMORANGIE Private Edition 9th "SPIOS"

Offial Bottoling

46% abv.

到着してます。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

Smoky, Smoky, Smoky!

  • 2018.03.29 Thursday
  • 02:14

・CAOL ILA 6yo(2010) 43% from 6Casks

・LEDAIG 7yo(2010) 57.1% from 7Casks

・ARDMORE 9yo(2008) 43% from 8Casks

 

Le Maison Du Whisky "Artist Collecive"

フランスの有名なブランド代理店、メゾン・ド・ウイスキーから発表された新しいライン”アーティストコレクティブ”。第1弾のリリースは6本のシングルモルトがリリースされました。取り急ぎ、その内から3本をご案内します。

 

アイラ島(カリラ)、マル島(レダイグ)、東ハイランド(アードモア)と、生産地域の異なる蒸留所から、すべてピートを焚いたスモーキーなシングルモルト。いまの時代のながれを抑えた素敵なチョイスです。いずれも熟成は10年未満と若いですが、品のある完成度の高いバッティング(スモールバッチ)で、価格もまずまず。

 

比べてお楽しみいただくのも一興かと思います。それぞれのスモーキーな個性が見つかるかも知れません。ぜひともお試し下さい!

 


3 bottles of Artist Collective by LMDW🇫🇷 - They are all peated style single malt from each different regions;

 

Ardmore 9yo(Eastern Highland), Caol Ila 6yo(Isle of Islay) and Ledaig 7yo(Isle of mull). The price is decent.. for these days, and I’m sure that it’s reflecting LMDW’s classy sense of bottling. and maybe You could find the difference between their peated flavors... It’s worth trying, I hope you like them!

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ハイランドパーク17年 ”ザ・ダーク”

  • 2018.03.15 Thursday
  • 02:14

HIGHLAND PARK 17yo ”THE DARK”

Offial Bottoling

52.9% abv.

到着しました。後日詳細。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

アードベッグ ”アン・オー”

  • 2017.10.30 Monday
  • 02:14

ARDBEG ”An Oa”

Official Bottling - http://www.ardbegjapan.com/

46.6%

アードベッグから届いた新ボトルは、約10年ぶりに定番のラインナップに加えられた”アンオー”。アイラ島の東南端にある、風雨や荒波で削られて丸みを帯びた断崖の半島の名になぞらえ、角の取れた丸みのある味わいをコンセプトにしています。

 

1stフィルバーボン、PXシェリー、そしてチャーを施した新樽と、短期に特徴が得やすい3つの原酒をブレンド。巨大なフレンチオークのギャザリングバットのなかで馴染ませてあるようです。

 

ピートブームに乗って、ハイプルーフ、ヘビーピートを旺盛に追求した一時の方向性から舵を切り、クラシックスタイルへの回帰を掲げている近年のアードベッグ。新しい時代の幕開け告げるアイテムが、本格的に投入されたといえるかも知れません。

 

※補記
1stリリース(2017)、テイスティング。
樹脂に似た不思議な甘さを感じるピートのなかに、黒胡椒のスパイスが立ち上がる。あまり大きくないが輪郭のあるトップ。レーズン、バニラ、デーツ、スモーク、そしてアッシュ。想像する通りの味が、伸び上がるように口内に広がる。ボリュームは優しく、余韻は比較的長め、乾いたピートを燃やして燻る。舌の上の苦味と、口蓋で粘るオイル、鼻に抜ける香りの甘さがそれぞれ対照的。時間を経てクレオソートのニュアンスが幾分深くなる。”ケルピー”に感じるようなスパイス(おそらくヘビーチャーの新樽から由来)が印象に残る個性だが、全体としては、確かに丸みのある味わいに仕上がっている。ただ残念ながら、三要素から引っ張って丸に近い円を作ろうとするも、やはり往年に比べると原酒自体に味わいを構成する要素が足りないため、丸みを帯びた歪な三角形にとどまり細部が欠けている。とはいえ、近年の状況を考慮すれば、(手ごろな価格も含めて)決して悪い内容とは言えずむしろ好感が持てるボトル。新しいアプローチで、出来る限りの工夫を試みた、ラムズデン氏によるひとつの答えが見える。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM