クレイゲラヒ19年(エディションスピリッツ)

  • 2018.09.18 Tuesday
  • 02:14

CRAIGELLCHIE 19yo(1995)
Edition Spirits “The First Edition”
sherry butt, 54.6% abv.

クレイゲラヒのようになりたい。思えば心のどこかで、昔からそう願っていたのかも知れません。マッカランでも、グレンリベットでもなく、他の蒸溜所にはない、スペイサイド・ウイスキーに必要な味の構成要件を複雑に備え、地理的にもスペイサイドの中心に君臨するこの蒸溜所には、私にとって、耐え難く惹きつけられる、正負を超えた不思議な魅力が存在します。

 

ウイスキー業界の名家、レイン一族のホープ、アンドリュー・レイン氏による"エディション・スピリッツ社"。そろそろ設立から10年が経ちますが、蒸溜所のもつスタイルと、適した熟成感にこだわりを持ち、妥協のない樽選びを続ける姿勢に名家の誇りが感じられます。そのブランドである“ファースト・エディション”から届いたクレイゲラヒがこちら。似たスペックのリリースが、数年に渡って度々リリースされていますが、その中で、最高のお気に入りがこれです。

 

※補記

開封、約2週間後のテイスティングノート。
瑞々しい林檎、淡いバニラとフローラルの奥からジャスミンのような華が湧き上がる。基底部を支える確かな麦とスパイス。パレートは、香りから予想する複雑さに加えてペッパーが火花を散らし、特有のワクシーな余韻を伴って消えていく。タンジェリン、アーモンドオイル、ベイクドパイ。良い意味で、シェリー樽の影響は少なく、生来の激しさと繊細さの相反する要素を、大らかな樽感がまとめ上げて好印象。ゲラヒにヘビーなシェリーは似合わない。余韻も長く、蛇が畝るように這い回りながら、渾然一体となって闇の奥へ消えていった。気力体力に満ちた時期の、男の野心か女の邪念か。どこかに暗い背徳を想わせる、やはりペシミスティックなウイスキー。

 

 

A good dram from the real King of Speyside distilleries. There seem to be a couple of similar releases. But personally, I guess this is the best one.

 

The influence from the cask is relatively minor. So, It has their inborn traits(antipodal properties of intensity and delicacy)left. And these textures are vividly appearing in the gentle oaky flavor. There is no need for heavy sherry influence at Craigellache.

 

It feels so naughty, and kind of wicked. There is something immoral sense in it. As l thought, It is an amazing pessimistic whisky.

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

プルトニー13年(ハートブラザーズ ファイネストコレクション)

  • 2018.09.17 Monday
  • 02:14

PULTENEY 13yo(2001)
Hart Brothers “Finest Collection”
bourbon barrel, 55.5% abv.

北の強者と呼ばれるプルトニー。本土の北端にある港町"ウィック"に位置する、本当に素晴らしい蒸溜所です。どうでもいい話を加えれば、(個人的に)好きな蒸溜所 No.6を堅持する取締役。現在、オフィシャルのコアレンジ/中熟における品質がとても充実していて嬉しい反面、ボトラーズへの供給配分を極端に絞っている状況で、その選択肢の少なさと、価格の異様な高騰に悲しみを禁じ得ません。

 

丁度、その過渡期に突入する直前に“ハートブラザーズ”からリリースされたボトルが、一昨日夜、穏やかに天に召されました。開封から1年半、確かに開いた味わいのなかに、まだ芯のある生き生きとしたハリが残っており、多くの方にもっと飲んでいただきたかったのですが、残念ながら今のところ在庫なしです。また会える日まで。ともあれ、ありがとう。

 

※補記

最後の一杯、テイスティングノート。
メントール、青リンゴ、麦、バニラ、微かなオイリーさとスモーク。派手さはないが、心地よくバランスの取れた香り。口に含むと、香りから想像する通りに、均整のとれたハンサムな立ち姿が顕れる。アルコールは感じるが、歪みなく構成をしっかりと下支えする。バレルの樽感も出しゃばらず、頃合いの熟成に好感が持てる。時間とともに、オレンジや赤い林檎、シナモン、クローヴなどのスパイシーなアロマ。薄いスモークに包まれ、苦味のあるドライな余韻が長く続く。

若々しく、フレッシュな好青年を想わせる。外連味も、無駄な贅肉もない、地方の旧家の出自。モラルと教育と愛情を充分に授けられた健康な男の子。これからの苦労が彼を磨くだろう。飲み干したグラスに、北ハイランドの明るい将来を予見させる伝統的なウイスキーの面影が残った。お父さんは、娘がいたらこんな男になら娘をやってもいい。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ハイランドパーク ”ヴァルキリー”

  • 2018.05.19 Saturday
  • 02:14

HIGHLAND PARK ”VALKYRIE”
Official Bottling
45.9% abv.

ダークオリジンの終売を受けて、市場に投入されたNAS(ノンビンテージ表示)の新シリーズである”ヴァイキング・レジェンド“。今後さらに2つのボトルが発表される予定である、その第一弾が”ヴァルキリー”です。

 

ヴァルキリーは「ワルキューレ」の呼び方が日本では馴染みがあるかと思います。北欧主神であるオーディンに仕え、天馬に乗って戦場を駆け、戦死した勇士をヴァルハラへと迎えもてなす女官的な存在といわれます。古来北欧において、オーロラは、夜空を駆ける彼女たちの鎧が煌めいているのだと信じられました。

 

原酒は、アメリカンオークのシェリー樽とバーボン樽をバッティング。ヴァイキングを先祖にもち、曽祖父がオークニー初の伯爵という、デザイナーJim Lyigvild氏がパートナーとなって、シリーズのコンセプトを企画しているようです。評判の良かったダークオリジンの跡を継ぐNASラインの定番アイテム。日常的に楽しめる質の良いボトリングを期待したいものです。

 

※補記
開封時のテイスティングノート。
チョコレート、バニラ、ジンジャー、赤いリンゴ、燻るスモークと暖かくスパイシーな余韻。樽やニューポットの不快なニュアンスは少ない。近年のハイランドパークとしては比較的短時間で開き、香りの本体が現れる。揮発する香りに乗ると、イキイキとしたリンゴと、バニラウェハースが踊る。ヒース、アーシーで湿った土塊のニュアンス。焚火の余韻。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ダルユーイン21年(KINTRA シングルカスクコレクション)

  • 2018.04.22 Sunday
  • 02:14

DAILUAINE 21yo(1992)
Kintra “Single Cask Collection”
bourbon barrel, 48.9% abv.

どうでもいい話ながら、姉妹蒸留所の”インペリアル”と合わせて(個人的に)好きな蒸溜所 No.5にランクしている”ダルユーイン”。スペイサイドのカロン村にある、ジョニーウォーカーの中核となる蒸溜所です。

 

加えてどうでもいい話ですが、”ダルユーイン”はカタカナ日本語での通名。本来ならば、”ダルウェイン”が正式な発音に近い呼び方になるようです。どうせ読めないならば、日本人もスコットランドに気軽に旅する昨今、紛らわしいので”ダルウェイン”に修正したらいいのにと、ちょっとだけ思います。

 

こちらは、国内での流通量は少ないものの、ここ数年に渡って興味をそそるアイテムを提供してくれる、オランダのボトラー”キントラ”がリリースしたシングルカスク。バーボンのバレルで熟成され、21年の熟成中に樽内で自然に48.9%まで度数が下がっていて、凝縮された、しかしバランスの良い味わいが楽しめました。開封の翌日から早々に開き始め、数日後には本格的な覚醒を見ます。約1年4カ月で天に召されましたが、最後まで衰えない心地よさに酔える素晴らしいボトルでした。ともあれ、ありがとう。

 

※補記

最後の一杯、テイスティングノート。
麦わらに輝く、淡いゴールド。まず開いた豊かな樽香。最後の一杯まで消えない植物性のミンティでグラッシーなニュアンスを追い抜き、豊満な甘い香りの束が溢れている。蜂蜜、もみ殻、たわわに色づいた黄色いフルーツと、ミルクキャラメル、アーモンドオイル、微かなスモーク。様々な表情が現れては隠れを繰り返し、決して飽きさせない。ダルユーインらしい、暖かいがドライなスパイスが舌の上で広がり収斂していく。ボリュームはうるさ過ぎず、程よい落ち着きがあり、余韻は暖かくとても長い。郷愁を覚える風景、収穫の時期、広がる畑に沈む夕日。お祖母ちゃんに貰った干した果物やお菓子の記憶。それが何だったのか思い出せないが、ただひどく懐かしく愛おしい。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

ストラスアイラ19年(ケイデンヘッド スモールバッチ)

  • 2018.02.20 Tuesday
  • 02:14

STRATHISLA 19yo(1991)
Cadenhead’s Small Batch
bourbon hogshead, 56.6% abv.

キース地区の筆頭を誇るストラスアイラ。ケイデンヘッドから日本向けにリリースされたこの人気蒸溜所のボトル、残念ながら開封時には、薄く溶剤系の香りが漂う、硬いばかりで、あまり良い印象を持てないボトルでした…。がしかし、数ヶ月の放置プレイwを経て、瓶内で驚くほどの変化を見せ始めます。


一般的なストラスアイラのスタイルとはやや異なり、どちらかといえば、スペイサイド北部沿岸一帯のドライな麦のニュアンスが基軸かと思います。硬いミネラルの奥から、リンゴやバニラ、バター飴やカスタード、フローラルな蓮華の蜜が湧き上がり、パレートには樽由来のスパイシーで暖かい甘さが心地よく広がりますが、あくまで清潔でドライな余韻が、ごく微かなスモーキーさ伴って綺麗に伸びていきます。春へと向かう、まだ耕す前の畑一面に生えたレンゲや、菜の花の揺れる北国の風景を想わせ、長閑ではあれど、その中に厳しさと可憐な印象を残しました。


蒸留酒におけるこうした変化は、熟成というよりは、ボトル開栓後に瓶のなかで液体が空気に触れる過程でゆっくりと開き、本来の姿を現してゆく事例としてよくあることですが、特に、このボトルの開花っぷりには目を見張るものがあって、記憶に残る一本でした。一度飲んだだけではその本質を全く理解し得ないところにも、またウイスキーの面白さがあります。就中、前もってブレンドの工程を経ていないシングルカスクや、小ロットのスモールバッチに於いては、その振れ幅にダイナミックな変化を見せるものが多く飽きさせません。ともあれ、ウイスキーという不思議な液体の奥深さを再確認させてくれる、素晴らしいボトルでした。ありがとう。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

クレイゲラヒ20年(BB&R ベリーズオウンセレクション)

  • 2017.10.29 Sunday
  • 02:14

CRAIGELLACHIE 20yo(1991)
Berry Bros.& Rudd
55.8% abv.

どうでもいい話ながら、過去10数年にわたり(個人的に)好きな蒸溜所 No.4という好位置をキープし続けるクレイゲラヒ。近年では、世間的に高評価を得るボトリングが数本ばかり続き、業界での引き合いが急増。根っからのファンとしては嬉しいかな哀しいかな…ちょっと複雑なところ^^;

 

型破りな創業者さまwの性格を写したかのように、非常に気難しいお酒で、シングルカスクでのバリエーションには、伸るか反るかの相反するものが混在します。抽象的な物言いですが(極端にいえば、一本のボトルのなかにも) "中吉" と "凶" の要素が同居しているようなところがあり、こういう捻くれた所が、個人的にまた好きな理由のひとつなのです。

 

少し前のリリースですが、コスパも良く、素晴らしい仕上がりを感じさせたボトルが、先日、安らかに天に召されました。開封した時点から、前述したところでいう "中吉" の部分が前面によく発揮された、どちらかといえば素直な、とても佳いボトリングでした。ともあれ、ありがとう。

 

※補記

最後の一杯、テイスティングノート。
少しミンティなトップから、青リンゴやメロンなどワクシーなフルーツ。ハーブ入りの焼き立てブレッドを編みかごに入れ、若草萌える雨上がりの田舎道を、白い洋服を着た女性が歩いていく。イーストの香り。町で評判のパン屋。幸福そうに見える女性。その頬をひとすじ涙がつたっている。中熟のクレイゲラヒらしいクラッシィな品格。甘い蜜や、麦のニュアンスを残しつつ、余韻の長いドライなフィニッシュ。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

クラガンモア16年(ブラドノック・フォーラム)

  • 2017.06.15 Thursday
  • 02:14

CRAGGANMORE 16yo(1993)
Bladnoch Distillery Forum 
56.4%

ブラドノック蒸溜所の再興('94)を遂げたレイモンド・アームストロング氏による、ウイスキー愛好者団体”ブラドノックフォーラム”の会員向けにボトリングされたクラガンモアで、約10年ほど前にリリースされたものです。

 

当時、それほど高い評価を受けたボトルではありませんが、価格が手頃だったこともあり、後のポテンシャルを感じてストックを補充し、これまでゆっくりお世話になってきました。いよいよラストがお亡くなりに…。

 

最後の一杯を今こうして味わえば、予想通りの変化の一方、ここに至って気が付かなかった発見が未だあり、瓶詰後のウイスキーの変化過程における奥行を感じさせられます。クラガンモアとしても良いボトルだったと改めて思いました。ともあれ、ありがとう。

 

※補記
最後の一杯、テイスティングノート。
ラベルに記載はないが、香りと熟成具合からみて、樽はおそらくリフィルバーボンホグスヘッド。かなりエステリー。初めは少し硬く、溶剤臭がある。消しゴム。大麦のシリアルと淡いオレンジの香り。バニラとプリンの黄色が、口の中で遅れて湧き上がる。蜂蜜、ミルク、胡桃、カスタード。ねっとりと甘い印象だが、ドライに伸び上がる安定したフィニッシュ。最後までしっかりと麦の旨さを感じる。変な比喩だが、ストレートと少ない変化で勝負ができる制球上手なピッチャー。派手さには欠けるが、プロの選手として申し分のない好投手。

 


Bar Kirkwall - バー カークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
19:00〜4:00 Last Entry - 不定休 -


 

グレントファース35年(TWA スティルライフ)

  • 2017.01.25 Wednesday
  • 02:14

どうでもいい話ですが、現在(個人的に)好きな蒸溜所No.2に君臨するグレントファース。TWAのスティルライフ'75は、その素晴らしさを教えてくれたボトルのひとつでした。

GLENTAUCHERS 35years (1975)
The Whisky Agency "Still Life"
47.3%

G&Mを除き、当時はまだシングルモルトのリリースが皆無に近かったトファース。名前も知らなければ、まずは読めない方が殆どでした。ロイヤルハウスホールドの中核となる原酒といえばなんとなく通りましたが…。いまでは認知度もかなり高まったはずですw

 

ブキャナンの魂を分け合ったコンバルモア。それを継承する桃やメロンの甘いワクシーな芳香。杏子、南国の花、ハチミツ、バニラ、バナナ、蜜蝋、埃を被ったアンティーク。30年を超える長期の熟成ゆえに、樽香が幾許か勝ちすぎな感は否めませんが、穏やかに長く広がる品格ある余韻には、やはりうっとりさせられるものがあります。

 

'80s後半の閉鎖を乗り越え、現在リリースされるボトルは、再開('89)よりあとの原酒がほとんどになってしまいました。しかし、そのスタイルを伝える今の姿を味わう折々、確かにウイスキーの未来を期待させる、明るい希望を感じることができるように思います。ともあれ、ありがとう。

 


- Bar Kirkwall - バー カークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
19:00〜4:00 Last Entry - 不定休 -


 

グレンドロナック34年(ダン べーガン)

  • 2016.11.14 Monday
  • 02:14

GLENDRONACH 34years (1975)
Dun Bheagan
47.8%

すっかり希少になってしまった、'70年代蒸留のグレンドロナック。おそらくバーボンのホグスヘッドで、カスクストレングスなれど50度を切るロープルーフ…。世間がドロナックに求める要素から外れたためか、リリース当初は売れ行きが少し遅いボトルでしたが、美味いと評判が知れるやいなや、一気に市場から消えて話題となったボトルでした。


豊かな麦とバニラ、杏子や、苺などベリー系のジャム、高貴な紅茶を思わせる、甘くうっとりする官能的なフレーバー。最後の一口をいまこうして頂くと、やはり格の違いを見せつけられます。濃厚なシェリー樽にあらねども、ドロナックの良さが見事に凝縮した傑作でした。残念ながらこれでラスト1本。最後のストックともお別れの時が…。ともあれ、ありがとう。

 


Bar Kirkwall - バー カークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
19:00〜4:00 Last Entry - 不定休 -


 

ラフロイグ "ロア"

  • 2016.09.14 Wednesday
  • 02:14

LAPHROAIG "LORE"
Official Bottling
48%

英本国では、定番ラインとして既に販売されていたラフロイグの"ロア"が、先週ついに日本でもリリースされました。少々情報不足なのですが、どうやら当面のあいだ国内では、限定扱いのボトルとなるもようです。

 

昨年で200周年を迎えたラフロイグ。"Lore=伝承(される知識)"と銘打ち、広報曰く、20世紀初頭の味の再現を試みたといい、近年試みられるようになった新樽による熟成など、現代の思考をもって、芳醇な時代のフレーバーを作り出そうとしています。


召し上がった方のリアクションを少しだけ述べると、今のところ、ラフロイグ好きからは眉を潜める怪訝な表情を、アイラのウイスキーを普段あまり贔屓にしない方からは、想外に良い反応が伺えます。ある意味で"派手さ"があり、ラフロイグらしからぬラフロイグとも言えるかも知れません。

 

私ごときの意見に左右される方もないと存じますが、先入観を避けるため、これ以上のコメントやテイスティングノートは控えます。時間を置いて気が向いたら記載するかも知れません。ともあれ、まずはお試しあれ。
 


Bar Kirkwall - バー カークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
19:00〜4:00 Last Entry - 不定休 -


 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM