クレイゲラヒ20年(BB&R ベリーズオウンセレクション)

  • 2017.10.29 Sunday
  • 02:14

CRAIGELLACHIE 20yo(1991)
Berry Bros.& Rudd
55.8% abv.

どうでもいい話ながら、過去10数年にわたり(個人的に)好きな蒸溜所 No.4という好位置をキープし続けるクレイゲラヒ。近年では、世間的に高評価を得るボトリングが数本ばかり続き、業界での引き合いが急増。根っからのファンとしては嬉しいかな哀しいかな…ちょっと複雑なところ^^;

 

型破りな創業者さまwの性格を写したかのように、非常に気難しいお酒で、シングルカスクでのバリエーションには、伸るか反るかの相反するものが混在します。抽象的な物言いですが(極端にいえば、一本のボトルのなかにも) "中吉" と "凶" の要素が同居しているようなところがあり、こういう捻くれた所が、個人的にまた好きな理由のひとつなのです。

 

少し前のリリースですが、コスパも良く、素晴らしい仕上がりを感じさせたボトルが、先日、安らかに天に召されました。開封した時点から、前述したところでいう "中吉" の部分が前面によく発揮された、どちらかといえば素直な、とても佳いボトリングでした。ともあれ、ありがとう。

 

※補記

最後の一杯、テイスティングノート。
少しミンティなトップから、青リンゴやメロンなどワクシーなフルーツ。ハーブ入りの焼き立てブレッドを編みかごに入れ、若草萌える雨上がりの田舎道を、白い洋服を着た女性が歩いていく。イーストの香り。町で評判のパン屋。幸福そうに見える女性。その頬をひとすじ涙がつたっている。中熟のクレイゲラヒらしいクラッシィな品格。甘い蜜や、麦のニュアンスを残しつつ、余韻の長いドライなフィニッシュ。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM