ラフロイグ20年(ハートブラザーズ)

  • 2019.02.24 Sunday
  • 02:14

LAPHROAIG 20yo(1990)
Hart Brothers “Finest Collection”
54.7% abv.

ひと昔前、ハートブラザーズからリリースされたラフロイグの20年カスクストレングス。熟成したラフロイグに気軽に手が出せなくなってしまった今の時代からすれば、こんな値段で提供できていた事が嘘のようで…。心あるウイスキー飲みのお客さまのご注文により、先日、最後の一本に別れの時が訪れました。


惜しむらくは、熟成年数からすればやや一本気で、奥行や変化に富むブーケが見られなかったところ。丁度、アイラ需要の爆発的増加とリリースが重なっており、本来ならばもっと遅咲きの樽(おそらくセカンドかサードフィルのバーボンホグスヘッド)を、早めに放出せざるを得なかったのでしょう。時間と共にその素晴らしい片鱗を垣間見せるがゆえ、なおさらに樽熟成の伸びしろがまだあったように感じられてしまいます。

 

決して悪くはないのですが、スペックから期待値が高くなる分、どうしても酷な見られ方をしてしまうボトルでした。もちろん充分に良さがあり、こういったスタイルを好む方も多くおられます。また、今の感覚からすれば、バッティングの選択や、フィニッシュに頼るリリースの可能性もあるかも知れません。あらためて振り返れば学ぶことも多く、一期一会の思い出も沢山あります。諸々お世話になりました。ありがとう。

 

※追記
最後の一杯、テイスティングノート。
フレッシュでかなり揮発が強い。ミネラリーな浅い海のヨード、昆布、シダーウッド、燻った温野菜、微かなバニラとオイル。暫くすると麦芽の芳ばしさや甘味がしっかりと湧き出す。口に含むと、ドライで息の長いスモークブレスが駆け抜ける。線はやや細いがアタックはしっかりありフィニッシュも長い。
粗野だが、素直で悪びれたところのない快活な男の子をイメージさせるウイスキー。漁村の朝、爽やかな光の中で仕事を始める男たち。傍らで、眠い目をこすりながら道具や網の準備をする兄弟。兄の手捌きを真似ながら、最近その手伝いを始めた三男坊の末っ子。

 

A farewell shot.. People and whisky come and go. Just go for new exploration. Had such a great time with you, Thanks!

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インペリアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM