榊Tatooシリーズ / オークニー1998 21年 supervised by Bar Kirkwall

  • 2020.02.12 Wednesday
  • 02:14

 

榊Tatooシリーズ 「龍頭観音」
Single Malt Whisky オークニー1998 21年

 

榊 Sakaki × The Whiskyfind

Supervised by Bar Kirkwall

 

・地域:オークニー諸島
・熟成:21年
・樽 :Bourbon Hogshead
・度数:52.0%
・容量:700ml
・本数:326本(国内150本)
・価格:18000円(税別)


 

かねてより”榊Sakaki”にて企画していた、オリジナルボトルのリリースが、2月中旬に決定しました。当店が監修するタトゥーシリーズの第一弾となります。問い合わせや、ご用命は、DMなどでお気軽にどうぞ。


▪️榊 -Sakaki-
2018年、ウイスキーと日本文化を融合させる目的で結成されたチーム。多彩な人材/人脈を持ち味に、広島に拠点を置き、世界に向けて様々なアイテムを発信する。代表 H.Utsumi / 顧問 G.Sakamoto(Bar Kirkwall)


▪️Tatoo Artist
彫太郎 (彫ひと一門)
本名 齋藤 雄紀 (Yuuki Saitou)

日本・広島のスタジオで働く刺青彫師。伝統的な日本の絵柄を専門にしている「伝統刺青」を受け継ぐ数少ない彫師の一人。19歳の時に伝統刺青に魅せられて神奈川県の「彫ひと」を師匠と仰ぎ師事。現在は「彫太郎」の屋号を掲げ、伝統的刺青文化の普及と保存に力を入れ、高い評価を受けている。

 

▪️榊Tatooシリーズ
日本の伝統刺青は、世界に誇るべき生きた美的表現である。

己の決断と覚悟を背負い、(痛みとともに)肉体に刻みつけるその高い芸術性は、それ自体が美であるが、彫り込まれた肉体の死とともに終わりを迎える、まさに生身の表現であるところに、また究極の美しさがある。

ウイスキーのグラスを傾ける時、私はいつもその力強く生命力にあふれた液体の放つ魔力に捕らえられ、同時に、絶えず移りゆく妖艶な香りと、必ずこの世から消えゆくさだめに、はかない滅びの美しさを見ていたように思う。

日本の刺青世界とウイスキー。それら生身の芸術が持つ美しさをひとつに融合し、表現することができたら。そして、失われゆく日本の伝統の根源的な美を後世に伝え、残しておきたい。

The Whiskyfindをパートナーに選び、”榊Tatooシリーズ”を始める運びとなったのは、そんな想いからだ。いつの日かこの「融合」が、ボトルを手に取り、飲んで下さる皆様とともに「進化」へと繋がっていく事を夢みて。

 

榊 -Sakaki-
代表 H. Utsumi

 

※決定次第、順次、情報を加筆修正のうえで公開させていただきます。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
19:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM