トバモリー21年(ザ・モルトマン)

  • 2020.01.31 Friday
  • 02:14

TOBERMORY 21yo(1995)
The Maltman
Refill Hogshead, 50.9% abv.

名だたるボトラーズと肩を並べ、実力派の一角となったモルトマン。数年前にリリースされた、マル島で唯一の蒸留所"トバモリー"からのボトリングは、トレンドを抑え、その面白さを改めて伝えてくれる素敵なボトルでした。

 

スペイサイドやアランを連想させる華のなかに、土着のキャラクターがはっきりと潜み、(いい意味で)その粗野なテクスチャーは、味わいに珍妙な趣きを与えています。同スペックのリリースが他所からも重なり、いずれもそれぞれに良さが見られましたが、こちらは加えて万人に受け入れられる親しみやすさも備えており、特に良い印象が残りました。

 

※余談、Cadenheadスモールバッチ('95 ホグスヘッド)が最高賞。

 

世界中で止まらない需要の拡大と、投機マネーの流入によって、絶望的に枯渇する原酒のストック。もはや有名蒸留所の熟成したウイスキーを、手頃な価格で楽しむことは不可能な時代になってしまいましたが、一方で視点を変え、少し深く掘り下げてみれば、充分に新しい感動に触れる機会が随所に転がっています。

 

安価なブレンデッド用に原酒を買い叩かれ、ひと昔前までは打ち棄てられていたスコットランド辺境の島に、心あるウイスキー愛好家たちの熱い視線が集まっていること。蒸留所のファンの一人として心から嬉しく思います。ともあれ、ありがとう。今後もマル島から目が離せません。


※補記

最後の一杯、テイスティングノート。
まだ固く艶のあるトップ。ややエステルの強い、甘い芳香が立ち上がる。大麦、黄桃、クレヨン、ラバーケース、羊毛、かすかにピートスモーク。口当たりは柔らかく、伸びのある不思議なパレート。あん蜜のシロップが、掌を返すように苦味に変化し、木片と灰を舌の上に残す。時間とともに、豊かなバニラを伴ったドライフルーツがグラスから溢れ出した。アンビバレンツな味の構成が面白い、マル島ならではの魅力的なキャラクター。

 


Bar Kirkwall - バーカークウォール
広島市中区流川町2-22 インリペアル1st 2F
082-249-2140
www.barkirkwall.com
18:00〜4:00 Last Entry 3:00 - 不定休 -


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM