テイクアウト販売を始めました。

  • 2020.04.15 Wednesday
  • 02:14

コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大を受け、酒類の販売免許に特例措置が設けられました。届け出を完了し、許可を受けましたので報告いたします。

 

■テイクアウトの概要

 

ウイスキーやブランデー、ラム、シェリーなどのお酒を

容器に入れて、量り売りで持ち帰りいただけます。

 

小瓶1本分(30ml)の容量で

お店での提供価格から10%off!

 

2本分のご購入で20%off

3本分以上からは30%offとさせて頂きます。

 

17:00〜20:00

(※修正、営業時間内は対応)

 

お問い合わせ Tel 082-249-2140

Instagramなど、SNSメッセージでも承ります。

 

補記

※好みをお伺いし、選ぶお手伝いもさせてもらいます。

(ご予算に応じて“おまかせ”でも見繕います)

 

※入り口付近での対応となります。

(事前にご連絡をいただければ

 お待たせすることなく、受け渡しが出来るかと思います)

 

※外出が不安な方には、配送もさせていただきます。

 

※その他、持ち帰りいただけるアイテムを準備中です。

(後日掲載させていただきます)

 

 

毎日、店を掃き清め、ボトルを拭き、グラスを磨く。精一杯のお酒を注ぎ、カウンターに添える。けれど、そこに楽しんでいただけるお客さまの姿が無ければ、これほど虚しいことはありません。

 

本来、バーのお酒をテイクアウトしていただくことは、例えばそれが他所で手に入らない希少な物であったとしても、ナンセンスなことかも知れません。

 

何故ならバーとは、店主やスタッフが用意するモノではなく、その場所に集うお客さんと一緒に、幾許かのリスクをともなって作り上げる、掛けがえのない現象そのものだと思うからです。

 

しかしご存知ように、人と人との接触を断つという自粛要請が続くなか、バーを含めた飲食店に打つ手は殆どなく、非常に厳しい状況です。当然この流れは、酒販店、輸入元、生産者の方々へと直結しています。

 

来年も桜は咲くといいます。けれど、今年しか咲かない桜があることを僕は知っている。そして、いま守らなければ消えて、再び帰らない沢山の未来があります。

 

お店を維持するため、COVID-19の向こう側に大切なものを残すため、自分の立場で、能うかぎりのことはやりたいと思っています。

 

飲食業のみならず、あまねく方々に苦難の続く大変な状況だと思います。もちろんご注文の多寡は問いません。ご無理のない範囲で、少しでも多くの方に、なによりも楽しんでご利用いただけると嬉しいです。

 

以上です。

よろしくお願い申し上げます。

 


現在、諸事情により下記WEBサイトの更新ができません

  http://www.barkirkwall.com/

一部の情報が古いままです。このBlog、及び下記のSNSでお伝えする情報がアクティブです。ご留意いただけると幸いです。

■ Twitter https://twitter.com/barkirkwall

■ Facebook https://facebook.com/barkirkwall

■ Instagram https://instagram.com/bar_kirkwall


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM